注文住宅を建てたタイミングについて

我が家は、結婚してからしばらくの間、会社の社宅で暮らしていました。当時は、マイホームを購入することを想定していませんでした。しかし、子供が出来た事で、社宅では手狭となってしまい子育ても大変な事からマイホームを購入しようと決める事になりました。子供を育てていく際に鳴き声であったり様々な生活音が隣の部屋などに漏れてしまいます。マイホームであれば、近隣の住宅とも離れており、繋がっている訳では無いため生活音も気にせずに暮らせる利点があります。特に子育てをしていると気を使う事が多くなるため、子供が出来たタイミングでマイホームを建てる決心をしました。また、将来的な住宅ローンの返済計画を考える中で、年齢的にも丁度良い時期であった事もマイホーム購入を決めたタイミングとなりました。以上、大きな費用が必要となるマイホームですので、簡単には決断する事が難しいですが、子供が出来たタイミングなどで購入を決める方も多いです。

満足のいく注文住宅を建てられた感想

マイホームを購入する際にオーダーメイドで住宅を設計出来る注文住宅に魅力を感じました。注文住宅は、オーダーメイドとなる分、コストが高くなってしまうイメージがありましたが、地元のハウスメーカーでは大手メーカーよりもリーズナブルな価格で注文住宅を建てる事ができる事を知りました。建売住宅と比べても少し費用が高い程度で満足のいく注文住宅を建てられたのは本当に良かったです。また、注文住宅の場合はハウスメーカーとの打ち合わせを繰り返していきます。その中で、必要な物と不要な物を取捨していく事ができるため、費用の調整もしやすいメリットがありました。予算を決めておいて、予算を超えないように調整しながら家づくりが出来たのもとても良かったです。自分達がこだわりたい物は導入したり採用して、不要と感じた物は省いたりと自由な家づくりで納得のいくマイホームを建てる事が出来ました。全体を通じて、満足のいくマイホームに出来た点は満足しています。

家づくりの際の家族の要望について

我が家は、一戸建てのマイホームを注文住宅にて建てました。マイホームに関して知識は殆どありませんでしたが、一生に一度のマイホーム購入となるため、納得のいく家づくりがしたいと思い注文住宅を選択しました。そんな、マイホームを注文住宅で作る際に家族からの要望や希望がいくつか挙げられました。まずは、リビングの広さについてです。我が家は、子育て世帯である事から子供を育てていく際に広々とした環境で子育てをしていきたいという希望があり、広いリビングを家づくりの際に反映しました。少なくとも18畳以上の広さのリビングにしたくて、設計の段階から設計図に反映してもらう事が出来ました。その他には、子供部屋の配置を南側にして、日当たりが良い状態にしたいという希望がありました。子供部屋に日が入りやすいように南側に配置した事で、将来子供が部屋で遊んだり、勉強するための良い環境を作る事が出来ました。このように家族からも様々な家づくりの要望が出て反映させる事が出来ました。