二世帯住宅には2つのパターンがある

親世帯と子供世帯が同じ空間を共にする二世帯住宅は、2つのパターンがあります。1つ目のパターンは、完全分離型です。これはリビングやお風呂、そして台所やトイレなどの水回りを含めて、1つの家の中で、全ての空間がそれぞれ別になっています。これを完全分離型の二世帯住宅と言います。同じ家に住んでいても屋根と外壁以外は完全に分離をしているので、同じ家で暮らしていても親世帯と子供の世帯の暮らしはそれぞれプライベートが担保されます。同じ家であってもそれぞれの世帯のプライベートを確保したい場合にはおすすめです。2つ目のパターンは、共有型です。こちらは完全共有型と一部共有型にさらに分類されます。前者は玄関や水回りなど個室以外は全て親世帯と子供の世帯が共有するというものであり、後者は玄関や水回りの一部などの空間の一部分を親世帯と子供の世帯が共有するというものです。共有型は、完全分離型と比較して建築コストが安く済みます。それに共有の方法によっては光熱費の基本料金を1つの契約で済ますことができるため、生活コストは完全分離型と比較すると安くなります。